スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
アドベンチャー5
カテゴリ: every day / テーマ: 自作連載小説 / ジャンル: 小説・文学
      殺される

      そう感じた      

俺は――      ここで死ぬんだ


目の前で、どんどんやられていく村人達――
光輝は それを見て  
ただ 立ち尽くすことしか出来なかった


初対面


「うそ!!うそよ!!嫌ぁ!」
二人の話を聞き、春香は大声を出す
「春香さん!落ち着いて!」
「・・・・しょ・・は・・?」
「え・・?」
「場所は!?お兄ちゃんはどこへ行ったの!」
しばらくの沈黙。小春と泉は心配そうに二人を見ていた。すると優也が何か思い出したように、ぽつりと言った。
「・・・もしかしたら・・洞窟かも・・・・」
春香はそれを聞き逃さなかった。
「洞窟?優也くん。洞窟って?」
「え・・あのっ・・・昨日の夜、光輝さんが電話で言ってたんです・・洞窟へ行くって・・・」
それを聞いた春香は、急いで花曇の地図を取り出し四人に話し出す。


「君達にお願いがあるの」
「・・・なんですか?」
「一緒ににお兄ちゃんを助けに行ってほしいの!・・・・でも夢雨は強いから・・危険な目にあうかも・・」
「いいですよ。行きます」
小春が真っ先にそう言った。春香の悲しそうな顔を見ていたら、そう言わずにはいられなかった。というより、断る気など、さらさらなかったのだ。
「・・本当に・・・?」
「はい。行きますよ。春香さん。早く行く準備しないと」
「あ・・・うん・・」
そういうと春香は、急いで二階の物置部屋の中から服を取り出した
「何ですか?その服・・」
「制服のまんまじゃ動きにくいでしょ?これなら頑丈だし動きやすいから・・」
「・・ありがとうございます」
そして春香が出した服に着替え、皆はすぐに洞窟へ向う






しばらく歩き、夢雨が住んでいる洞窟に到着した
「でっけぇー・・・」
最初に声を漏らしたのは健太郎。そんな緊張感がなさそうな健太郎に小春は眉を寄せ小さく足を蹴る。
「じゃあ、行こう」
春香は四人に小さく微笑んで、洞窟の中へ入っていく





「・・・」
それに気づいたのは夢雨だった。五人が洞窟へ入ってくるとともににやにや笑う
「今日はやけにお客が多いねぇ・・・フフフ」
「・・・う・・あ゛・・」
床には夢雨が倒した村人達がそこらじゅうに転がっている
「・・・今回は・・期待できるかな・・・」
足元にいた村人を足で転がしながら夢雨はまた小さく笑った






「いだっ!石落ちてきた!!」
「うっさい、健太郎!」
「そんな大声出さないでよー・・・」
「皆、とにかくしゃべんなやー・・・」
そんな騒がしい四人に春香は少し笑った

「こんなに笑ったの、久しぶりだな・・でも、笑ってられるのもここまでみたい・・・」
春香はそういったとたん立ち止まりまっすぐに指差す


四人は春香が指差す方向を見たとたん、四人は真剣な顔に戻った
「あそこに夢雨が?」
「うん・・・行くね」


春香は再び歩き出し、皆は長い洞窟から出た
「あ・・・!」
五人は驚いた。昨日まで元気だった村人が血を流して倒れていることに
言葉が出ない五人に夢雨が気付く
「あぁ、やっときたんだ」
「!・・夢雨・・・お兄ちゃんは?お兄ちゃんをどこにやったの?」
「お兄ちゃん?・・あぁ、こいつのことか」
足元にいる光輝を見てから春香の方を向いて話し出す
「五人だけでここに来た勇気は認めてあげる。でも、ちょっと遅かったみたいだね」
夢雨はにやっと笑うと光輝を春香のほうへ蹴り転がした
「お兄ちゃん・・・!」
血まみれの光輝に春香は必死に呼びかけた。四人も駆け寄り心配そうに見つめる
「だーいじょうぶだよ。まだ生きてる」
夢雨の言葉道理光輝は微かに息をしていた
「よかった・・・」
「ねぇ、そこの四人。あたしと戦ってみない?もちろん一人でとは言わないけど」
夢雨は四人を見て自分と戦わないかと誘う
「上等じゃん、オレが行く」
その話に乗ったのは健太郎。勝算があるのか自信満々だ
「健くん!一人じゃ無理だよ!私も戦う」
「一人で平気ですって」
そう言うと健太郎は夢雨のところまで走り出した
「え・・みんな、健くん大丈夫なの?」
「まぁ・・自信満々だし。大丈夫ですよ。ね?泉、優也」
「うん。健太郎は一度言ったら聞かないし・・な」
「そうだね・・ってあれ?健太郎武器なんか持ってたっけ・・・」


               


「春香さん・・・」
「ごめん・・・持ってくるの・・忘れちゃった・・・」
「そんな大事なもん忘れますか、フツー」
「ど、どうする?」
「・・・さぁ・・・・・」
「ハイ、せーの」

「健太郎ォオオォォオォォォオォ!!!」
編集 / 2008.10.14 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
プロフィール

山本 優樹

Author:山本 優樹
花風鈴へようこそ~(´∀`*)ノ
ゆっくりしていってくださーい

性別!:♀
血液型:B型
誕生日:12月6日
星座☆:いて座➴
性格:色々変わります
身長:155cm

★好きなもの
家庭教師ヒットマンREBORN!
銀魂
ギャグマンガ日和
戦国BASARA
ひぐらしのなく頃に
卵料理
基本甘いのが好き
絵を描くこと
歴史

…などなど


★嫌いなもの
アスパラ
椎茸
にんじん
蟹かま
練り物系

短気な奴
爆音

大した用事がなければ外へ出ない引きこもり科。
でも学校では優等生&いい奴を演じてます。
極稀にプッツンして周りを困らせる嫌な子。
だけど本気で切れたのは1・2回ぐらい。
夢見がち男。

こんな子でも一生懸命やっております。
暇だったらコメントでもしてやってください。
荒らしはダメですよー。
まぁ…ほんとグダグダしてますが
よろしくお願いします(*・ω・*)

FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。